<< H30.12.13(木)カンガルーデー | main | H30.12.21 冬のお楽しみ会 >>

12月20日(木)もちつきぺったんこ大会

子どもたちが楽しみにしていた おもちつきの日です。

たまごホールに次々集まってきました。

お餅つきが始まる前に、白米とお餅の米はちがうんだよと

保育者から教えてもらいました。

 

お話を聞いていると、蒸しあがったもち米が届きました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「うわぁ♪」「いいにおい〜💛」とのぞき込んできました。

「ん?ご飯やん」「お餅ちゃうやん!」「園長先生間違えたんじゃない?」と

本当にお餅が食べられるのかと半信半疑な様子でした。

 

まだまだ米のつぶつぶがあり、すぐには食べられないことを知り、まだかまだかと待っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「つく前に、しっかりつぶさないと…💦」と保育者が力を込めます。

子どもたちは、「はやくお餅にならないかなぁ♪」とわくわくしながら見守っていました。

さあ!いよいよ餅をつくぞ〜!と園長先生も保育者も気合を入れてがんばりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2つの臼で「よいしょ!よいしょ!」とお餅をつきます。

子どもたちも一緒に「よいしょ!」と掛け声をかけたり、「がんばれ〜!」と

応援したりして見ています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つぼみ組の子どもたちも「何してるんだろう?」と不思議そうに見ていたり、たくさんの

お兄ちゃん、お姉ちゃんが手拍子しているのに合わせて体を動かしたりとそれぞれ楽しんでいました。

 

保育者の後は、5歳児の出番です!

順番に重い杵を持ってお餅をつきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

重さにフラフラしながらも、他学年の応援をもらい、頑張ってつく事ができました。

 

やわらかそうなお餅が出来上がりました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ついたお餅は、玄関などに飾る『鏡餅」となりました。

 

保育室では、3歳児と4歳児ができたてのお餅を丸めました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

手にのせると、柔らかさやおいしそうな匂いに自然と笑顔になる子どもたち。

丸めたお餅は持ち帰りました。

 

3時のおやつは、みたらし味ときな粉味のお餅です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0歳児は、もち米と白米のおにぎり(きな粉味)を食べました。

みんなおいしく、ぺろりと食べてしまいました😊